デキる男のダイエットと上手に向き合う秘訣
ダイエットには男女関係なく実行されている中、忙しくてダイエットできない方がいらっしゃるかと思います。そんなわけでダイエットに関する有益な情報配信やサプリメント、優良ノウハウをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食習慣を改善してダイエット(食事編)
こんにちは。


摂取カロリーがそれほど多くなくても、
食べ方がわるいだけで太ってしまうことがあります。



ダイエットする上でわるい食べ方を続けていたのでは
スムーズに行かないこともあります。



ですから、次のような食べ方をしている人はなおし、
よりスムーズなダイエットをしましょう。



食べ方を変えるだけでも体重や体脂肪が減る
場合もあるので、頑張って改善しましょう。


□決まった時間に3食食べる


食事と食事の間が長いと体の防衛機能が働き、
次の食事で多く栄養を体にため込もうとします。



ですから長時間の空腹状態をさけ、
3食だいたい決まった時間に食べましょう。



夜は副交感神経の働きで脂肪をため込みやすくなっているので、
特に夕食を夜遅くに食べている場合早めに食べるようにしましょう。



□噛んで味わって食べる


ゆっくり味わうことで食事をしているという満足感を感じ、
食べ過ぎを防ぎましょう。



目をつぶって食べると味をより強く感じることができます。
噛む食材を多く取り入れたご飯を作りましょう。




□ながら食べをやめる


テレビや雑誌を見ながら食べている場合、
無意識に食べていることが多く、かなり食べていても
自分ではそれほど食べていないと思いがちです。



しかもこのようなときに食べているものは、
スナック菓子などが多いのでとても高カロリーになっている場合が多いのです。



癖になって何か食べていないと気がすまないひとは、
買いだめをしないようにしたり、ガムを噛んだりして改善しましょう。



□ゆっくり食べる


食事をしはじめてから、血糖値があがり満腹中枢が
満腹と感じるまでには約20分間かかります。


早食いをしていると脳が満腹と感じる前にどんどん食べてしまい、
気付いたらお腹がいっぱいで苦しい食べ過ぎた、
なんてことになってしまいます。



そうならないために食事はよく噛んでゆっくり食べましょう。



□ドレッシングやマヨネーズを控える


オイル入りのドレッシングやマヨネーズはとても
脂肪分が多く高カロリーです。


たとえばサラダの場合、サラダ自体のカロリーは
とても低カロリーなのですが、ドレッシングやマヨネーズを
たっぷりかけてしまうと、とても高カロリーな食べ物になってしまいます。



ですから、ドレッシングやマヨネーズは低カロリーなものや
ノンオイルに変えたりして、かけすぎないようにしましょう。



ドレッシングやマヨネーズは塩分が多いのでとりすぎに気をつけましょう。



□偏食はしない


好きなものが栄養バランスのいいものならいいのですが、
栄養のかたよった自分の好きなものばかり食べていると、


健康的によくなく、その物によってはスムーズにダイエットができなかったり、
ストレスがたまりやすくなってしまいます。



ダイエット中は好きなものばかり食べるのはなるべく控え、
栄養バランスを考えた食事をとるようにしましょう。



ダイエット中でなくても健康のためにバランスのよい食事を心がけましょう。



□食事は1人分ずつ


一人分ずつ皿にわけず大皿で食事をしていると、
自分がどれだけ食べたかわからなくなったり、
ついつい多く食べてしまったりするので、わけられる食事はなるべく
一人分ずつわけるようにしましょう。



盛りつけを細かく分けたり、きれいにすると
早食いの予防になり食事が楽しくなります。



□おかわりは5分待ってから


お変わりをする前に「本当に食べる必要があるのか」を考えましょう。



満腹中枢が満腹感を感じていなかったり、ただおいしいから
食べてしまっているだけなのかもしれません。



ダイエット中は腹八分目くらいがちょうど良いので、
それ以上食べたら満腹になってしまわないかなども考えましょう。


このほかにもため食いやストレス食い、もったいないから残さずに
食べてしまう食べ方はダイエットする上でよくありません。



ストレスがたまっている人は食べる事以外で上手にストレスを解消しましょう。



食べ物を残すのがもったいないと思う人は、作り過ぎないようにしたり、
ほかの人に食べてもらったり、次の食事のときに食べるようにしましょう。



食習慣も大事ですけど、食前に飲むと効果的なサプリメントは・・・
スポンサーサイト
食事ダイエット法の落とし穴
こんにちは。

過度な食事制限でダイエットしようと頑張って食欲を無視し続けると、
やがて体が危機感を感じ自分では抑えきれないほどの食欲が湧きあがります。


そこに、我慢というストレスも合わさるので、ほとんどの人は本能に逆らえず、
ドカ食いをしてダイエットが失敗に終わってしまいます。


食欲を我慢するのは相当なストレスで、本能を無視して我慢し続ける事は
相当な忍耐力が必要になります。


また、食事制限だけで痩せたとしても、代謝が低下し簡単にリバウンドしてしまい、
元の体重よりも増えてしまうことが多いのです。


正しい食事でダイエットするには、自分に合ったペースで
ゆっくり摂取カロリーを減らし、ストレスを極力ためないことが大切です。


そして、必ず運動も合わせて行うことです。


食事制限だけでダイエットをして痩せたとしても、
体の防衛機能が働き少量の食事だけで生活できるようになってしまい、
以前よりも太りやすくなるのです。


そうならないために、自分に合った食事と運動でダイエットをしましょう。


ダイエットは痩せることばかり考えてしまいますが、大切なのは心のケアです。
体も心も健康に痩せられるダイエットをするようにしましょう。



□過度な食事制限は体を壊します

過度な食事制限のダイエットは体に
下記のような悪影響が出る恐れがあります。

栄養失調

月経不順(生理が止まる)

過食症や拒食症などの摂食障害

貧血

脱毛

骨粗鬆症(骨折しやすくなる)

便秘

疲れが取れない

ストレス

集中力の低下

免疫力の低下

うつ状態


このように過度な食事制限は体にさまざまな悪影響を起こします。
このような症状があらわれるようなダイエットは正しいダイエットとは言えません。



ダイエットは体を健康にすることが目的です。後悔のないダイエットをしましょう。




□自分に合った量から始めましょう


ダイエットを始めたからと急に食べる量を減らしても、体は今まで通りの食事をほしがります。


そこで頑張って食欲を我慢しても、結局は抑えきれないほどの食欲がわきドカ食いしてしまいます。



この食欲は体が危機感を感じ本能を働かせて食べるように指示しているので止められなくて当たり前です。



このようにならないためには、できる限り食欲を満たしストレスを減らすことが大切です。


まずは食事の量を減らすのではなく内容から見直してみましょう。


内容を見直すというのは、カロリーカットができそうなところからカットしたり、
体に良い働きをする食べ物に少しずつ変えていくことです。



例えばドレッシングをノンオイルに変えたり、揚げ物を焼き物に変えたり、
食物繊維を多く含む物をたべたりなどです。



一度にすべてを変えるのではなく、毎日少しずつ変えて体を慣らしていきましょう。


食事の量が多い人は内容を見直すと同時か、しばらく体を慣らしてからでもいいですが、
食事の量を少しずつ減らして行きましょう。



減らす量は半口から一口くらいずつ減らしていくようにすると、あまりストレスがかからなくて済みます。



1度に減らす量は少なくてもコツコツ続けていく方法は体も慣れやすく、
確実に食べる量を減らせます。自分のペースで続けてみましょう。


このような方法で食事をコントロールすることで、
あまりストレスがかからず楽にダイエットできますが、
少しずつの変化なので体重や体脂肪率も少しずつしか変化しません。



ダイエットはゆっくり無理をしないことが大切です。



そして、終わった時に今よりも健康になっていることが1番です。
気長に続けていきましょう。



私が食前に飲んでいるダイエットサプリメントはこれです。





サラシアシェイプ


最後まで読んでいただき感謝です。
単純すぎる7秒ダイエット方法
こんにちは。

かなり久しぶりの更新になってしまいましたね。


実は日頃から猛暑が続いている中、熱中症になりつつも
本業を退職すべきかどうか悩んでいました。


まあその話は置いといて、


痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくても
たくさん食べて太りにくい、または普通に食べても
スリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。



痩せる体質には大きく分けると2種類あり、
食物の消化吸収能力が低いことによるものと
エネルギーの消費が多いことによるものです。


前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力
(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、
生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。



後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使う
エネルギーが多いため太りにくいという
ダイエット効果があらわれやすい体質なのです。



「7秒ダイエット」とは,「アイソメトリックス」をアレンジしたもので,
気になる部分を引き締める効果のあるダイエット法です。


【7秒でできるトレーニング法とは】


7秒ダイエットは,「アイソメトリックス」という
トレーニング法をアレンジしたものです。


アイソメトリックスとは,場所や特別な道具が不要な,
いつでもできる筋力トレーニングのことです。



短期間のトレーニングで筋肉を強化し,基礎代謝量を増加させる効果があり,
体の中でも大胸筋,広背筋,大腿四頭筋,腹直筋などの大きな筋肉を鍛えるのが基本です。



通常筋肉は,力が加わっていると太くなりますが,
筋肉の繊維が増えるわけではありません。



ところが,力を加えて7秒くらい止めると,筋肉の繊維が増えるのです。



例えば,壁や柱などの動かないものを全力で押す,
バスタオルなどの伸び縮みしないものを引っ張るといった,
単純なトレーニングを行ないます。



筋肉は,全力で力を入れると数秒で最大筋力を発揮するようになります。
その状態で止めて,合計7秒のトレーニングが基本となります。



こうして,効率良く筋肉を増やしていけば,
基礎代謝が高まって太りにくい体になるのです。



なお,7秒ダイエットでは,女性が心配するような,
筋肉ムキムキになるということにはなりません。
もともと,女性は筋肉がつきにくい体質ではありますが。


【エクササイズの3つのポイントとは】


このエクササイズの特徴は,家庭のバスタオルや電車の吊革,
オフィスのロッカールームやデスクなどを利用して,
場所を選ばず特別な用具も使わずにできるという点です。



また,筋肉痛になりにくく関節への負担も少ないので,
初心者でも簡単に始めることができます。


エクササイズを行うにあたってのポイントは次の3つです。

①引き締めたい部分の筋肉を意識しながら,押したり引いたりすること。


②力を入れている7秒間は,呼吸を止めないこと。


③ひとつの動作を全力で行うこと。


まず,始める前には軽いストレッチをしておきましょう。
そして,ひとつのポーズを7秒間行い,少し休んでさらに7秒間,計5回行います。
1日にこれを3回,週に3,4日行うと効果的です。


余裕がある人は,ゆったりした動作の運動をやっておきましょう。


最後までお読みいただき感謝です。


たとえ猛暑が続いていても、無理のないダイエット法を。
自宅できる骨盤ダイエット
骨盤ダイエットで痩せる方法とは、身体のセンターにある骨盤の歪みを
正常の状態に戻すことによって、体型を整え血の巡りを良くするダイエットです。



普段はあまり使っていない深部の筋肉も、骨盤ダイエットで動かせます。
身体を内側からダイエットに適したものにするという作用もあります。
骨盤は体の中心部分にあり、子宮や腸などの臓器をくるむように存在しています。



骨盤と呼ばれる骨は、腰にある腸骨、膀胱近くの恥骨、お尻にある座骨、
そして仙骨が結合して1つの骨のようになっているものです。



また、骨盤は骨だけで形成されているのではなく、
腰の深い部分にある深層筋と浅い部分にある浅層筋も影響しています。
体を安定させるには、体幹コアの歪みをなくす必要があります。



体幹は腹横筋や腸腰筋など様々な筋肉で構成されています。
日頃から四股を踏みしめて体幹の筋肉が強くなっている力士は、
ちょっとした衝撃では体は動きません。



痩せる方法ということだけではなく、このコアの部分を鍛える効果も
骨盤ダイエットでは期待でき、お腹周りだけでなくヒップから
足のラインまでもすっきりします。



骨盤ダイエットには色々な方法があります。DVDを見ながら体を動かすものや、
ダンス、ストレッチなどもあります。

たとえばこんなアイテムを使って骨盤ダイエットエクササイズをしてみるのも効果的ですね。



低炭水化物ダイエット
こんにちは


痩せる(やせる)体質とは、


ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、


または普通に食べてもスリムな状態を保つことが


できるといった体質のことをいいます。


痩せる体質には大きく分けると2種類あり、


食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。


前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)


が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、


ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても


基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいという


ダイエット効果があらわれやすい体質なのです。


「低炭水化物ダイエット」とは,ダイエットに効果がある炭水化物を,


「GI値」によって見分けて摂取するダイエット法です。


【低炭水化物ダイエットの考え方とは】


炭水化物には,太るものと太らないもの(ダイエットに効果があるもの)とがあります。


①太らないもの…適量の炭水化物をとった場合


炭水化物をとると,胃腸で消化する過程でブドウ糖が生成され,


これが血中に入って血糖値が上がります。


これに対して,すい臓から分泌される


インスリンが血糖値を下げる働きをします。


ブドウ糖の一部はグリコーゲンとなり,肝臓,筋肉に貯蔵され,


体の活動を支えるエネルギーとなります。


②太るもの…炭水化物を一度にたくさんとった場合


この場合は,血糖値が急激に上がり,それを下げるために


大量のインスリンが分泌されます。


このとき,ブドウ糖は肝臓で中性脂肪となり,


体の脂肪細胞に貯蔵されてしまいます。


【低炭水化物ダイエットの考え方とは】


中性脂肪を下げるには,インスリンを必要以上に


分泌させないことが重要になります。


これが,インスリンの分泌が少ない,ダイエットに効果的な


炭水化物が注目されるにいたった背景です。


【GI値の低い炭水化物のとり方とは】


インスリンの分泌量は,「GI値(グリセミック・インデックス値)」で表します。


炭水化物をとることで血糖値が上昇するスピ-ドを数値化したものがGI値です。(ブドウ糖は100)


GI値が低い食品ほど血糖値の上昇が遅く,インスリンの分泌が抑制されます。


つまり,GI値の低い炭水化物(GI値60以下が目安)をとることがダイエットの基本といえます。


GI値の高い炭水化物をとるときは,量を少なめにゆっくり食べるようにしましょう。


なぜなら,早食いは血糖値の急上昇に繋がり,多量のインスリンを分泌してしまうからです。


例えば,食パンとライ麦パンでは,100グラム当たりの力ロリーは同程度です。


GI値は,食パンが95,ライ麦パンが58です。


つまり,ライ麦パンの方がインスリンの分泌が少なく,太りにくいということになります。


ケーキなどのデザー卜類は,血糖値がまだ低い食前に食べるのがよいでしょう。


また,インスリンは副交感神経が活発な夕方から夜に分泌されるので,夜は軽めの食事が肝要です。

最後までお付き合いいただき感謝です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。